キャッシングの審査をする際に本人確認の証明出来るものの提示を求められます。代表的なもので言えば免許証です。免許証がある方でしたら大抵の場合は他のものは必要ありません。提出方法も無人契約機で機械に置き読みてっともらうか、コピーをFAXか郵送で、またはスマホで送るかすればOKです。

免許証がないか方は住所、氏名、生年月日が書かれているものを探して提出することになります。考えられるものとして、パスポートやマイナンバーカード、健康保険証、住民票などがあげられます。免許証以外の提示は2種類の確認書類を求められる場合もあります。

また、そのほかにも電話番号が正しかどうか自宅に個人名で確認の電話がいく場合もあります。

これらのことがキャッシングをする際に本人確認として求められることになります。