法律ではキャッシングの限度額は年収の三分の一までと決まっています。それ以上の金額については総量規制によってキャッシングなどのサービスでは借りられないことになっているのです。また、それとは別にキャッシング業者独自の限度額というものもあり、この限度額については年収に関係なく消費者の属性に応じて業者側が個別に設定をしています。

特にキャッシングの利用を始めたばかりという人の場合には、この業者側が独自に設定をした限度額は金額が抑えられており借りられる金額は年収の三分の一よりもはるかに低い金額となっています。しかし、この業者側が独自に設定をした限度額については増額申請をすることが可能です。もしも、増額申請に通ったときには以前よりも限度額が上がるので、現在借りられる金額に不満だというときには増額申請の手続きをしてみてはいかがでしょうか。