カードローンは、2種類あり銀行が提供している銀行カードローンと消費者金融が提供しているカードローンです。カードローンはお金を借りる事になるので、計画性が大事になりますが融資限度額の範囲内で借りることが出来て、返済を分割して行うことが出来る便利なサービスと言えます。

銀行ローンと消費者金融ローンでは大きな違いがあるので理解しておくことをお勧めします。銀行ローンでは、消費者金融ローンに比べて低金利で借り入れが可能と言う事です。下限の金利も上限の金利も消費者金融のカードローンと比べると低い水準になっているので、金利が低いと返済の際に必要な利息が少なくて良いので、返済の負担が少なくて済むメリットがあります。

銀行ローンの特徴として、カードローンに必要な審査では消費者金融のカードローンに比べて低金利や借入限度額が大きいので、借入の条件が良いのですが、厳しくなっています。銀行カードローンは、比較的生活にゆとりがある人を対象にしていて、お金を融資してもしっかりと返済できる可能性が高いと判断される必要があります。

審査は厳しい特徴がありますが、銀行カードローンには、本人に収入がない場合でも配偶者に収入があると融資が可能なカードローンも存在しています。