キャッシング会社は貸金業者です。お金を貸すことが商売ですので、本音を言えば、一人でも多くの人にお金を貸したいのです。ですから、たとえ主婦のように収入が乏しい人でも、基本的には歓迎したいのです。実際、主婦だからといって問答無用で審査に落とすような会社は、極めて少数派だと言えます。

しかし現実問題として考えると、主婦がキャッシングの申し込みをしても審査に通らないことは充分にあり得ます。残念なことではありますが、主婦は普通の会社員と比較すれば、どうしても返済能力は低いと評価されてしまいます。ですからキャッシングも簡単ではないのです。

しかし、そんな主婦でもしっかりとした定収があるのなら、審査に通る可能性は俄然高くなります。たとえパートやアルバイトの低い賃金の収入であろうとも、毎月欠かさず収入があるならば、それは一定の評価になるのです。要は、「その主婦にも充分に返済能力がある」と会社から認めてもらうことができれば良いのです。そうすれば、無事に審査にも通るのです。

また、過去に返済トラブルのような金融事故を起こした経験があるかどうかも、大きな審査ポイントとなります。もしも金融事故の経験があるのなら、その時には主婦に限らず審査に通るのは極めて難しくなってしまいます。