キャッシングが利用できるのは20歳以上ですが、学生でもこの20歳以上であれば問題なく利用することができます。
ただし、社会人が利用する場合と同様に、自分自身に収入があることが条件です。仕送りや奨学金は収入とは判断されないので、パートやアルバイトなどで自分が働いて稼いだ収入が求められます。

社会人の月給とは違い、学生のパートやアルバイトでは毎月の収入が安定しないことが多いです。特にテスト期間中や長期の休みになると収入が減ることが考えられる為、それほど高い限度額での契約は行えませんが、概ね直近の2ヶ月分の給与明細から算出した年収額の1/3まで借りることができると考えていいでしょう。

例を挙げると、直近の1ヶ月の収入が6万円で、その前の月が4万円だった場合、合計した10万円に6を掛けて、おおよその年収と判断します。この例では約60万円の年収になり、その1/3に当たる20万円までなら借りられるということになります。

また、これは消費者金融を利用した場合の話です。銀行のカードローンでは、学生は年齢や収入に関わらず、利用できないことがほとんどです。利用できたとしても10万円程度が上限になることが多く、学生がキャッシングを利用するには向いていないと言えます。

消費者金融では、学生でも社会人でも、きちんとした収入があれば、それに沿った金額を利用することができます。学生の場合は消費者金融を利用することをおすすめします。